まぶたを縫って二重に | 美容外科は口コミで選ぼう!確実な手術で綺麗になろう

まぶたを縫って二重に

ナースステーション

多くの日本人が悩んでいる物、コンプレックスに「一重まぶた」と言うものがあります。
一重まぶたの場合、二重まぶたと比べると目が非常に鋭くなってしまい、何もしていないのに睨んでいると思われてしまうことがあったり、普通にしているのに不機嫌そうに見える、と言われることもある、非常に厄介なものなのです。
そしてこの一重まぶたを二重まぶたにする整形手術には様々なものがありますが、その中でも多くの人が行っているものに「まぶたを縫って二重にする」と言うものがあります。

この整形手術の方法は非常にシンプルで、まぶたを透明なワイヤーで縫うことによって目のラインを増やし、一重まぶたから二重まぶたにする……という、非常にシンプルなものです。
手術の際に起こる痛みというのも非常に少なく、局所麻酔を使用して数十分で行える手術ということもあり、非常に多くの人がこの手術を行っています。
そして、このような簡単な手術を行う際、多くの人が「簡単な手術だし値段の高低で選ぼう」と思い、なるべく値段の安い整形外科を探して手術をしてもらっていますが、実はこの手術に失敗してしまうと、新たなコンプレックスを生み出すきっかけになってしまうこともあるのです。

そのコンプレックスの原因となるのは、二柄を作るときに縫い付けたワイヤーです。
ワイヤーを縫い付ける箇所を間違えてしまうと、目を開いている時は二重に見えますが、目を閉じるとワイヤーが入っている場所だけがボコっと浮き出し、パッと見て「この人は確実に目の整形をした」と分かるような状態になってしまうのです。
そのような状態になってしまうと、一重だ二重だと悩むレベルのコンプレックスでは済まない、非常に大きなコンプレックスになってしまいます。
なので、もしこのような簡単な美容整形であったとしても、手術を行う際には必ず評判のいい美容外科を探し、多少高くても確実な手術を行ってもらうようにしましょう。