実はアジア美人の証拠 | 美容外科は口コミで選ぼう!確実な手術で綺麗になろう

実はアジア美人の証拠

カルテを作る医師

非常に多くの人が悩んでいるものに一重まぶたと言うものがあります。
多くの人がどうにかして一重を二重に出来ないか、と思いながら目にワイヤーを縫い付けたり、まぶたを切開して二重にしたり……というような様々な整形手術を行っています。
その為、日本の中では「一重は良くないもの」というようなイメージを持っている人が多くいますが、実はこの一重というのは世界から見ると非常に珍しいもので、海外では「一重まぶたは非常に美しい」という評価を受けているというのを知っていますか?

一重まぶたというのは日本や中国、モンゴルなどの特定の地域の人にしか見られない特徴で、アメリカやイギリスなどを始めとした西洋圏では余り見かけることが出来ません。
そして西洋圏の人間というのは非常に顔の彫りが深く、一重と二重の違いがよくわからないという人もいるのですが、日本人を始めとしたアジア圏の人間は顔が薄いと言われるように彫りが浅く、その彫りの浅さと一重まぶたが上手く組み合わさった人を見ると、西洋圏の人は「アジア特有の美しい顔立ち」というものを感じるそうです。

それ以外にも日本では多くの人が憧れる涙袋は西洋では老いの証拠、日本では可愛らしいと言われる八重歯は悪魔や吸血鬼をイメージさせる恐ろしい物……という風に、日本では多くの人が憧れるものが世界的に見ると「どうしてこんなものに憧れるのか分からない」と思ってしまうようなものもあるのです。
勿論自分の中で「これが無ければ……」と思うようなコンプレックスであるのならそのまま放置するわけには行かないので、美容外科による整形を受けるのが良いかもしれません。
ですが、周りが同じようにしているから、という理由で自分も整形をしようと思っているのであれば、少し世界に目を向け、アジア圏特有の美しさ、というものを知ってみると物の見方がガラッと変わるかもしれません。